ご紹介します。レディースアパレルのネットショップで仕入れに迷ったときの解決方法。

SELECT WEB アパレル


悩んでいる人

新人ネットショップ担当「アパレルの商品って何を仕入れたらいいんだろう。売れないなぁ。」

実際にネットショップで使用していた仕入れをするときのポイントを解説します。

誰に向けて?

アパレルのネットショップを開業しようと考えている方
既に開設されている方
  1. どのサイズを仕入れるか?なかなか売れないサイズがあって悩んだことはありませんか?
  2. そもそも売れやすい「カテゴリー」って何? 
    -使えるテクニック
  3. 季節ごとに抑えるポイント。(夏に売れ残った商品を冬で気持ちよく売る方法)
  4. まとめ

こちらの流れでお話していきます。

スポンサードサーチ

どのサイズを仕入れるか?なかなか売れないサイズがあって悩んだことはありませんか?

ネットショップの仕入れを始めると「S,M,L,XL,XXL」や「F」などいっぱいあってどれを仕入れたらいいか悩みますよね。
慣れないうちは全部のサイズをサイトに掲載してしまうと思います。

しかし、すべてのサイズを仕入れる必要はありません。

基本的に仕入れるのは「S,M,L」or「F」サイズのみで大丈夫です。

もう少し大きめに着たい方(購入者)から問い合わせがきて掲載商品より大きいサイズを仕入れることができるのであれば対応する形をとる方法が一番です。

サイズを増やしすぎると管理をするのも大変になります、海外仕入れの場合は一部のサイズだけ仕入れられないこともあります。

※無在庫販売だとお客様へお届けできない、ご迷惑になることもあるので自分が管理出来る量にしましょう。

ここで余談ですが、カラーにしても同じです。

管理できる量のカラーを選ぶことも大事です。
仕入れをしているとこの色は売れないだろうってものが出てきます。

その時は仕入れないという選択肢も時にはしましょう。

そもそも売れやすい「カテゴリー」って何?

使いやすいアイテム、2シーズンに渡って使えるものが一番使いやすいです。

そして、経験上「カーディガン」「ワンピース」が一番売れやすいカテゴリーで集客アイテム・利益が出やすいアイテムとしても優秀です。

もう一つの理由がカテゴリーを分けすぎるとお客さんがわかりにくいことです。

お店に集客ができていない段階からアイテムの種類を増やしすぎると見つけにくさも出てきます。

また、この2つは「セット売り」「オールシーズン」でも使える可能性が高い商品、そしてワンピースと合わせたカーディガンの写真など撮影もしやすいです。

使える-テクニック(宣伝力がない限り普通では売れない)※奇抜とは違います。

1つはセット売りで撮影のしやすさをお伝えしました。

重要なことは、どの商品が集客商品になるかはわかりません

思ってもいないものがお店で一番売れる「集客商品」になったこともあります。

そんな商品を選ぶポイントとして重要なことは普通過ぎるものを選ばない!

これは、必須条件です。

なぜなら、ユニクロとGUなどの商品と同じものが注目されていないお店では売れないからです。

そのお店、独自の良さが必要になってきます。

なので、日本の韓国アイテムの人気と韓国ファッションのアイテムはデザイン性が豊かなのでデザインを探しやすいです。

スポンサードサーチ

季節ごとに抑えるポイント。(夏に売れ残った商品を冬で気持ちよく売る方法)

夏はレース系、冬はニット系。

これを押さえておけば商品は探しやすいです。

系統の違うサイト、4サイトでも平均的に同じ売れ方をしたので結構的を得ていると思います。

冬に3商品セット、2商品セットのセットを売りでも使えます。

春夏物は基本的にサイズが小さく、商品の梱包には困りません。
しかし、冬ものになると一つ一つのサイズが大きくなるので発送時のサイズも自然と大きくなります。

その時に使える技で

「カーディガン+レースキャミソール(オールシーズン使えるのでおすすめ)+スカート」こんな感じで3種類のセット売りとしても夏に売れ残った商品は活用できるのでどんどん使っていきましょう。

※福袋とは違うのでしっかりコーディネートを作って販売することがポイントです。

私はベルトとスカートのセットを売りをし12月のこの時期に100セット以上の注文を経験したことがあります。

キャミソールなどはオールシーズン売れやすいものなので1つ軸となるアイテムを見つけて取り扱っておくといいでしょう。

お店でも2.3種類くらいしかキャミソールは取り扱ってなかったです。(シンプルなレースのキャミソールとニットのキャミソールのみ)

まとめ

今回は、レディースアパレルの仕入れに迷った時の対処法についてお話させて頂きました。

実際に仕事で使用していた考えを掲載していますのでご参考にしてみてください。

他ネットショップ・アパレル系の記事も掲載しています。

ありがとうございました。