レディースアパレル「ecサイト」を運営する会社に男性は就職できるのか?

WEB work アパレル

スポンサードサーチ

ネットショップであれば「男性スタッフ」が働くことも可能です。

まず、私がはじめてネットショップで働いたのがレディースアパレルECサイトです。
全くの未経験」、「アパレルでの販売経験なし」のこんな私でも働けたので可能です。

なぜ、レディースアパレルで働くようになったのか?
これはまたの機会に書きたいと思います。

探す時のポイントと注意点

ポイントをすぐに知りたい方は青い部分まで飛ばしてください。

第一に最初のネットショップで働くまでにたくさんのネットショップの求人に落ちてきたことを伝えておきます。

「え、しっかりアピールしなかったんじゃない?」、「会社に適した人材じゃなかった・・・」
こんな良くある理由じゃなくてもっと簡単な理由のものが多かったです。

理由なんかいらない、本題へと思われた方は下の暗い部分は飛ばし青い部分まで飛ばしてください。

簡単な理由を説明する前に「なぜ、ネットショップで働きたい」と思ったのか簡単に話します。
お金の流れを一通り学べるのがネットショップだと思ったから。
モノを売るときにネットショップでの販売が主流だと思っていた2点にあります。
将来的に起業して何かを売る仕事をしたいと思ったときに、どこで売るか考えました。
その時に上記の2点からネットショップでの販売をしたいと意識し始めました。

ネットショップ…商品ページの作成=Webデザイナー
こんな感じで考え、ポートフォリオを作ってネットショップのWebデザイナーの求人に応募していました。

※ネットショップの中で行われている仕事をあまり知っていなかったなと今では思います。

しかし、Webデザインは基本的に女性が求められる求人が多いです。
※私が受けた求人では・・・。

実際にネットショップを運営している社長達に聞いてみてわかりました。

デザインをする仕事のイメージが女性が強いらしく、雇っていた社員も女性でこの中に男性が入っていくのはつらいだろうってことであまり採らないようにしていたみたいです。
女性が多い中で男性が働くのは厳しいよだったり、働いている女性の意見でもいきなり男性が来るのは抵抗がある場合があるみたいです。

いくつかの会社ではCSへの打診はあったのですが、私は受けなかったのでネットショップの仕事をするのに少し時間がかかりました。
CS希望であれば、あの時の苦労はなかったのかなと思います。

前触れが少し長くなりましたが、男性スタッフがレディースアパレルで働きたいなら

  • ネットショップ全般の運営に関わる求人
  • Webデザインが厳しい場合、梱包・CSなどから入る

入ってしまえば、自分の努力次第で移動も可能だと思います。

しかし、ここで注意点!

男性が一人もいないネットショップでは厳しいです。

なぜなら、男性をわざわざ雇おうと思わない可能性が高いから。
なので、求人に応募する前にスタッフに男性の方がいるか、社長が男性であるかなど前例を見つけておくと受けやすいです。
理由は、理解があるからです。

※私が今まで経験したことがあるだけなので、悔いが残らないように入りたい求人には応募してみましょう。

スポンサードサーチ

男性スタッフとして働き始めたら意識していくこと|私の実体験付き|

買いに来るお客様は基本的に女性です。
女性に伝えるには、女性的な文章を心がけなくてはなりません。

女の子がなぜ?このショップに!この商品が欲しいのか?考えて伝えていきましょう。
どこのネットショップでも一緒です。購入する相手のことを考えて文章を作ることです。

私は、ショップブログ記事の担当をしていた時に言われた言葉で印象に残っているのが「男の人が書いているとは思わなかったです。

ネットショップでは顔が見えないので安心感を与えるためにも女の子が書いているように見せることが私は重要だと思いました。

私自身が意識していたことで女の人が書いているように見せる、女の子が気になること・思うだろうところを分析し文章にしていました。

他のショップブログを見たり、インフルエンサーの記事を参考にしたり、私が運営しているネットショップに合うものは一通りチェックしました。

そのおかげでショップブログを書くのがうまい、購入したことがあり、スタッフになった子からも男の人が書いていると思わなかったなど
関係会社からもビックリされていました。

「あのブログ書いている子誰?」って聞かれたときはうまくいっていてよかったと思いましたね。

まあ何を言いたいかと言うと、

女性ものを扱うなら女の子の気持ちになって考えることが大事だということです。

まとめ

全く関わったことのないものでも「やりたい意志」さえあれば、考え方を変えるだけで実現することが可能です。
レディースアパレルの商品は、男から見ていても種類が豊富で見ていて楽しくなってきます。

女性に喜んでもらう仕事をしたい方には、ピッタリの仕事だと思うので参考になれれば幸いです。
ありがとうございました。